自分らしい生活を送るための
お手伝いをいたします。

リハビリの専門家が
各分野に在籍しています

生活相談員

生活環境等、ご利用者様の背景をふまえ、その一つ一つを理解し、代弁者となります。 詳しく読む

理学療法士

機能的な改善から、ご利用者様の生活がどう変わるか、ということを大切にしています。 詳しく読む

看護師

ご利用者様の一番を尊重しながら、医療の専門知識でサポートします。 詳しく読む

介護士

介護とは、ご利用者様が目的を達成するための支援をすることだと考えています。 詳しく読む
生活相談員

生活環境等、ご利用者様の背景をふまえ、その一つ一つを理解し、代弁者となります。

ご利用者様の病気や障害、今に至るまでの経歴、家族背景、生活環境等、多くの背景のすべてが今の状況に関係してきます。
それらを一つ一つひも解き、ご利用者様とご家族の人となりや抱えているものを理解して関わることが必要です。
生活相談員は、年齢を重ね、いろいろな障害やできなくなったこと、好きなことやりたいこと、多くの思いを抱えたご利用者様本人の代弁者でありたいと考えています。
専門職としてその人に必要なこと、できないことすべてを伝え、ご利用者様にとっての今のベストを目指していきます。
生活相談員

清水 美紀

理学療法士

機能的な改善から、
ご利用者様の生活がどう変わるか、
ということを大切にしています。

機能回復や維持、体のメンテナンスの手技に、リハビリテーションの意味をフォーカスしがちです。
リハビリテーションにとってもっとも大切なのは、機能的な状態が改善されてからの生活がどう変わるのかということです。
病気や加齢等によって生活機能が低下する、自分でできないことが増えて気を使いながら生活する、やりたいことを我慢してしまう。
そういった状況の中で、いかに自分らしく、やりたいことに向き合って再獲得できるか。
それがリハビリテーションの追求すべきことだと考えています。
理学療法士

高橋 晶子

看護師

ご利用者様の一番を尊重しながら、医療の専門知識でサポートします。

リハビリテーションにおける看護師の仕事は、既往歴や生活歴から予測される病気などを予防していくこと、また医療の専門職として健康管理をすることです。
長生きのために我慢を受け入れるのか、それとも好きなことを貫き通すのか。
ご利用者様それぞれにとって何を一番大切にするのか、考え方はさまざまです。
ご利用者様の目標達成のために、ご本人が生活の居場所や方法を選べるようサポートします。
看護師

高木 尚子

10年程介護の現場で働いてきました。ご利用者様の方々と過ごす、ゆっくりした時間が好きです。お体の管理を通し、お元気に安全にリハビリができるよう、ご利用者様をサポートしていきます。
看護師

川村 久美

スポーツが大好きなことがきっかけとなり、整形外科やリハビリ領域に興味を持つようになりました。デイサービスの仕事は始めてですが、ご利用者様が目標に近づけることを目指して、ご利用者様とともに頑張っていきたいです。
介護士

介護は、ご利用者様の目的達成のための支援をすることだと考えています。

やってあげることが介護ではなく、ご利用者様が何を目指していて、何をしたいのかを把握したうえでその目的を達成するための支援をするのが本当の介護です。
「手伝う」「やってしまう」のではなく、場合によっては見守ることが仕事となることもあります。ご利用者様ができることを引き出すことがもっとも大切な介助です。
介護、介助という言葉からは「代わりにやること」を連想しがちですが、ご利用者様のできるできないのギリギリを見極め、理由をもって関わることが大切であると感じています。
介護士

佐藤 憲美

有料老人ホーム、訪問介護、デイサービスを経て、念願だったリハビリ系のデイサービスの仕事に巡りあえました。「1日1回は一緒に笑いましょう」をモットーに、ご利用者様が笑顔になれるお手伝いをしていきたいです。
颯宮前の設備について

落ち着いたリハビリ空間を
ご用意しています。

従来のデイサービスにはない、落ち着いた雰囲気の大人のためのリハビリテーション施設です。
また、身体機能を回復、強化するためのマシンや、ホットパック・低周波・ウォーターベッド等の効果的に痛みを緩和してくれる最新の物理療法機器を完備しています。

ご不明な点は、
お気軽に下記ご相談窓口へお電話いただくか、
[お問い合わせフォーム]より
ご連絡いただきますようお願いいたします。

ご相談窓口:044-740-9281

受付時間:月-金/8:30 - 17:30

[お問い合わせフォーム]